KING

現役社員の紹介

これからのキングを創っていく仲間を求め続けていきます

出来ることを増やし「ありがとう」をいただく

戸髙文弥 / 2017年入社 / キングサービス 整備課

「キング」という社名の載った看板を見かけたのがきっかけです。珍しい緑色の看板と社名に目が止まり、どんな会社なのだろうと興味が湧きました。私は機械保全の技能を活かし働きたいと思っていたので、技術やサービスに厚い信頼を集めているキングサービスに入社しました。

現在はレンタル商品の貸し出し準備、返却品の保守、年次点検とと保守整備をしています。また、整備を覚える為に上司や先輩社員指導の下、故障・破損した機械の修理も行っています。貸出先での不具合が無いように商品の点検を確実に行う事、サービスとして出来ることを増やす為、業務の中で学び実践していくこと。この2つが今の私の仕事です。

1日の流れは、出社して、まず場内の清掃を行い、予定していた作業に取り掛かります。お客様からの故障連絡を受け現場に修理をしに急行することもあります。夕方に所員全員で翌日の行動予定を確認し終業となります。故障していた機械が修理できた時や、お客様からの「ありがとう」の言葉をいただいた時が嬉しいです。

毎日新しいことを覚え、少しずつ出来ることが増えていている事にやりがいを感じています。まだまだわからないことや失敗もありますが、本年中に建設機械整備技能士の資格取得を目指し、1日でも早く整備を身につけることが今の目標です。

「猪股に現場の機械を頼む」と依頼していただける

猪股裕樹 / 2014年入社 / キング 営業主任

現在、主にエリア内で計画中、進行中の工事の情報を収集し会社や現場を訪ね、キングの「ワンストップサービス」の提案を行っています。重要なのは、お客様との信頼関係の構築なので、施行中の現場や事務所へ通い、できるだけ面談しお客様との距離を少しでも縮めることが大切です。

大体、1日15社ほど廻ります。1日の流れは、まず清掃、連絡事項の確認、前日にたてた訪問スケジュールの再確認、その他事務処理を済ませると営業活動開始。お客様の現場へ行き現場状況の把握。追加受注が頂けるようにお客様と密にヒアリング。帰社した後は現場、会社等で要望があれば見積り作成、次の日の訪問スケジュール確認です。

最初は何度も何度も壁に当たります。しかし1人で背負うことはありません。社員同士が仲が良いので知識は0からでも職場の関わりの中で成長出来ます。お客様には、最初は顔を覚えてもらうことから始まります。最初から受注をいただく事は難しいですが、足繁く通えば熱意と情熱は伝わります。徐々にお客様から評価していただき猪股に現場の機械を頼むと依頼していただけるのは営業としての面白みであり、最大のやりがいです。

入社当時から失敗を恐れず100%の力で挑戦し続けることを信条としています。それは、経験知識共に豊富な先輩から支えてもらい出来てきたことであり、多くの現場を廻りお客様にアプローチし経験を重ねて成長します。受身の姿勢では決して成長できません。この信条を胸にこれからも100%の力で自らの道を切り拓いていきます。

達成感がスキルアップへつながる

加持尚宏 / 2012年入社 / キング運輸 主任

現在、重機やプレハブをはじめとしたレンタル商品の運搬や整備を行っています。キング運輸のドライバーは、運搬だけでなく付加価値の高いドライバーとして、機械の点検や営業活動も行い、とてもやりがいがあります。

お客様の現場での人手不足に対応し、現場での各種重機施工を請け負うオペレーターも担っています。1日の流れは、出社し商品の受注表を見て運搬の予測をたて、自分のスケジュールを調整・確認します。その後は、主に運搬業務のため、行き先や到着時間に合わせて動きます。運搬先は、ほぼ宮崎県内です。

帰社後、予定された帰社後、予定された運行予定表を見て事前に現場の確認と、大型車が入れる場所なのか等の搬入経路の情報収集を行い、どう走れば最短で効率良く運行できるかを考え、運行経路を決めていきます。出社し、運搬業務がない時には、工場内で機械の整備点検や洗車をします。

商品を安全にお届けし、お客様から「ありがとう」の言葉がもらえた時に1番のやりがいを感じます。その達成感が、スキルアップへつながり建設機械整備技術士2級を取得することが出来ました。ドライバーという仕事は、常に危険と隣り合わせの仕事です。未然に事故を防ぐ為、会社の規定やルールは厳しいですが、もっと知識や技術を身につけてレベルアップしていきたいです。